こだわり&歴史

長年積み重ねてきた職人の技を伝え続け、歴史とともに

~つねまつ菓子舗は、1925年創業~

大正14年、セメントの町 小野田に和菓子職人の恒松伝之助が和菓子店として創業し、戦前戦後・高度経済成長と時代とともに地元の一端を担い歩んでまいりました。
「つねまつ菓子舗」「伝助」では、和素材を使った古き良き伝統を守りながら、身近な洋菓子のテイストを取り入れた和洋折衷をコンセプトに、地元の皆さまにご愛顧いただくお店として、これからも地域に根差してまいります。
これからも変わらぬお引き立てのほど、よろしくお願い申し上げます。

有限会社つねまつ菓子舗
三代目 代表取締役 恒松和也

伝助の歴史

1925(大正14)年
旧・厚狭郡小野田町(現・山陽小野田市セメント町)に和菓子店「つねまつ菓子舗」を創業。

1952(昭和27)年
銘菓「せめんだる」の製造を開始。
有限会社つねまつ菓子舗設立

1963(昭和38)年
銘菓「洞めぐり」の製造を開始。

1968(昭和43)年
JR小野田駅前に「駅前店(それいゆ)」開設。
洋菓子の製造販売を開始。

1976(昭和51)年
銘菓「田舎せんべい」製造開始。

1982(昭和57)年
本社工場を小野田食品工業団地内に新設し、製造機能をセメントから移転。

2005(平成17)年
工場敷地内に「伝助」開店。店内のガラスオーブンは、県内初の「経営革新」に認定。

20xx(平成xx)年
三代目・恒松和也が代表取締役に就任。