店長日記

恩師の注文

このたびの台風で甚大な被害が。
お見舞い申し上げます。

のぼりも看板もそのまま帰ってしまいましたが
こちらは思った以上の強風で、開店してみれば
隣の店の街灯が電線に寄りかかっていました。
あ゛ー、大変大変。電線が切れそうー。
しかるべきところに連絡することから
朝は始まりました。
聞くと一番上が高圧電線で危険ですが、今回は電話線。
電話線では停電はなかろう、と楽観しながら
隣の処置を(台風予報で)ヒマな店から眺めていました。

よく成功した人のコラムに「〇〇先生との出会い」
とあります。私も3人恩師が浮かびます。
お一人は小6と担任の先生で御年86歳。
お元気なうちに、と思いながら時間が過ぎていきます。
と思っていたら店に電話―。注文ですが
近況報告ができて本当によかった。お元気だそうです。
お届けには必ずわたくしがまいります。

お一人は中三の時の担任の先生。
よく店に来てくださいますが、男性教師のせいか
会話が弾みません(-_-;)が、感謝の気持ちは忘れていません。

もう一人は中二の時の先生で、こうやって日記を書くことが
苦にならず楽しいのはその国語の先生のおかげ。
60代だと思いますが、検索しても出てこないし
家も変わられたようで、覚えていらっしゃるかわかりませんが
絶対会いたいー。当時の交換日記風のノートは
今でも手元にあります。

さんハロー。10/20イベントまで一週間。
写真の力作、ハロウィンまんじゅう。
名前にひねりはないけど(笑)話のタネに買って下さい。

関連記事一覧